「Galaxy A30」はミドルレンジモデルでは珍しい機能が多い

by admin ~ 1月 4th, 2020

“Galaxy A30の特徴的な機能というと、「デュアルカメラ、おサイフケータイ、防水・防塵性能」の3種です。
防水・防塵性能については、ミドルレンジモデルであっても追求されることが多く、防水・防塵性能が、ハイエンドモデル並みのものも少なくありません。ですがGalaxy A30は、デュアルカメラを搭載しているミドルレンジモデルで、こちらは珍しいと良く言われます。
というのも、ハイエンドモデル以外のスマートフォンでは、インターネットの閲覧、利用に重点を置いているか、もしくはゲームなど、アプリケーションエラーの対策、アプリケーション動作に力を入れているものが多いからです。これはミドルレンジモデルでは顕著なため、デュアルカメラ搭載のような、写真撮影を意識したモデルは珍しいとされています。
しかも、キャッシュレス社会に適応したおサイフケータイもあるため、Galaxy A30は、ミドルレンジモデルにもかかわらず、現代の生活においてほぼ必要な機能が備わっている、特別なスマートフォンと言えるでしょう。補足となりますが、Galaxy A30のレンズは、「広角、超広角2つのレンズを備えている」ため、レンズも特別な仕様となっています。”

音楽好きにオススメの「Onkyo GRANBEAT DP-CMX1」

by admin ~ 12月 29th, 2019

“音響機器メーカー「オンキヨー」が手がけるスマートフォンの中には、Onkyo GRANBEAT DP-CMX1のような、ハイレゾ対応格安スマホがあります。
ハイレゾオーディオのスマートフォンは、高音質を表現できるようになっているのですが、Onkyo GRANBEAT DP-CMX1以外では、これほどのものが少ないため、音楽好きであれば、Onkyo GRANBEAT DP-CMX1を選ばれたほうが賢明かもしれません。しかもOnkyo GRANBEAT DP-CMX1は、デジタルオーディオプレーヤーと同レベルのオーディオ専用基板搭載となっているので、従来のスマートフォンを超えるサウンドの実現に成功しています。
Onkyo GRANBEAT DP-CMX1のスペックですが、「最大11.2MHzまでのDSD、最大384kHz、24bitのWAV・FLAC」となっているので、音響機器メーカーが作ったスマートフォンらしい特徴が多いです。”

スマートフォンの長時間利用は危険

by admin ~ 12月 28th, 2019

“テレビゲーム、インターネットの利用でも騒がれるようになってきましたが、長時間で人工的な光を浴びることは危険です。
人工的な光の多くは、ブルーライトカット処理がされていないため、目が疲れやすくなるといった問題が発生するからです。これはスマートフォンでも同じで、最近になってブルーライトの危険性を認知するようになってきました。
ブルーライトの影響により、寝たいのに寝れないといった不眠症の原因が生まれることもありますし、自律神経失調症を発症してしまう恐れもあります。本来であれば、このような問題は頻繁に起こりません。
しかし現代人は、3~5時間ほどスマートフォンを利用していることが多く、長時間でスマートフォンを利用するケースでは、10時間を超えることもあるのです。長時間利用の影響は、睡眠不足だけでなく失明を招く恐れもあります。
なので、スマートフォンを購入する際は、ブルーライトカットも意識して購入すると良いでしょう。”

「Galaxy S10」は情報漏洩対策でも売れている

by admin ~ 12月 25th, 2019

“2018年以降はランサムウェアの問題もあり、普通にパソコン、スマートフォンを利用しているだけでも、個人情報が漏洩してしまう、俗に言う「情報漏洩の問題」が世間的に知られるようになりました。
そのため、情報漏洩対策がしっかりしているandroid端末が売れています。その中でも売れ筋となっているのがGalaxy S10です。Galaxy S10は、「指紋認証・顔認証搭載」となっているので、指紋認証のみでは万全ではないと言われている、スマートフォンセキュリティをより高度なものにしてくれたのです。
指紋認証、顔認証の両方をセキュリティに取り入れている理由ですが、指紋認証は、「ディスプレイ内センサーによる超音波で指紋を読み取る」ようになっているからです。今では、顔認証の精度ばかりが上がっているセキュリティ対策ですが、Galaxy S10のセキュリティ対策は、指紋認証のほうもバッチリとなっているので、両方のセキュリティ対策を取っています。”

スマートフォンの通信速度は何を基準にすれば良い?

by admin ~ 12月 24th, 2019

“スマートフォンユーザーを悩ませるものに通信速度があります。
人によっては、「100Mbps以上なので快適」という意見もあるのですが、この手の情報の多くは「通信速度の上限を指して言っている」ことが多いので、実は、あまり頼りにならない情報なのです。では、どのような情報を参考にすれば良いのかというと、それは、「通信速度の下限を参考にする」と良いでしょう。
補足となりますが、インターネットの平均的な利用で必要となる通信速度は、「LINEは0.1~0.2Mbps、動画視聴は1~3.5Mbpsは必要」とされているので、通信速度の下限があまりにも安定しないキャリアについては、乗り換えも視野に入れて使用を続けたほうが良いでしょう。
ちなみに、超高画質(フルHD画質)のものを視聴する際は3~5Mbpsは必要とされているので、格安スマホ各社の最低速度評価表では、4Mbps~となっているものを選ぶようにしたほうが無難です。”

センサー類に力を入れている「FUJITSU」

by admin ~ 12月 21st, 2019

“最近になって、指紋センサーでもそうですが「認証システム」に力を入れているメーカーが増えてきました。
そんな指紋センサーで先をいくのがFUJITSUです。FUJITSU製スマートフォンは、国産メーカーらしい使いやすさが追求されているだけでなく、以下の面でも優れているスマートフォンとして有名です。
FUJITSUは、国産スマホの先駆けとして有名なのですが、その影響で、今でも「ARROWSシリーズ」を購入しているユーザーがいます。FUJITSU製スマートフォンは2018年モデルからも進化を続けており、今では、「スマート指紋センサー」と呼ばれる、スマートフォンをなぞるだけで認証を解除できる操作も可能となっています。
しかもFUJITSU製スマートフォンは、本体をハンドソープ、食器用洗剤で洗えるようになっているので、衛生面を気にする人からも支持されるようになりました。FUJITSUは、「らくらくスマホ」を提供しているメーカーでもあります。”

アラーム機能が便利な「au mamorino5」

by admin ~ 12月 20th, 2019

“防犯機能、もしくは子どもの行動を通知してくれるツールが多い、そんな子ども向けスマートフォンを探している人には、au mamorino5がオススメです。
au mamorino5は、子ども向けスマートフォンの中でも特に安いスマートフォンなのですが、他にも以下のような長所があるため、あえてau mamorino5を選ぶ親が増えてきました。au mamorino5はアラーム機能付きスマートフォンで、デザインについても上品で洗練されています。
子どもの場合、多機能、リーズナブルのみでスマートフォンを購入するケースが少なく、デザイン、最新性について考慮し、自分好みのものを選ぶケースが目立ちます。しかしau mamorino5は、そんな要素を兼ね備えているだけでなく、アラームによって、どのような行動を子どもが取っているのか、逐一把握できるようになっているのです。
着信自動応答機能付きで、応答のボタンを押さなくても、自動的に通話状態になる機能もあります。”

「スマホ用モバイルバッテリー」の欠点、対処法

by admin ~ 12月 14th, 2019

“今では、わざわざコンセントから電気を引っ張る形で、使用する人が減ってきました。
その理由ですが、今では、大容量のモバイルバッテリーが安く買える時代になっているからです。大変便利ということで、スマートフォンの周辺機器の中でも売筋商品となっているのですが、メリットだけでなく、デメリットも知っておいたほうが良いでしょう。
スマホ用モバイルバッテリーは、1個だけ購入するのではなく、なるべく2個以上購入しておくようにしましょう。その理由ですが、「不測の事態が起きることもある」からです。
現に、スマホ用モバイルバッテリーが急に壊れてしまうケースは少なくなく、モバイルバッテリーは1ヶ月ごとに「10%以内の放電をしてしまう」特性もあります。そのため、スマホ用モバイルバッテリーは複数用意しておいたほうが良いのです。
ちなみに、定期的にスマホ用モバイルバッテリーをメンテナンスする際は、3ヶ月間に1度というのがセオリーです。”

スタミナ充分の「ASUS ZenFone Max M2」

by admin ~ 12月 13th, 2019

“最近のテレビコマーシャルでは、スマートフォンのCM内容も変わってきており、「通信容量の制限、料金プラン、バッテリー容量」などを訴えているものが増えてきました。
その中でも特に注目されているものが、スマートフォンのバッテリー容量です。バッテリー容量は、古いスマートフォンでは24時間以内となっており、最新機種のものでは48時間以上、かなり余裕があるものでは60時間を超えるようになってきました。
どのようにしてバッテリー容量を把握するのかというと、ASUS ZenFone Max M2の場合は、バッテリー容量に記載されている「5000mAh」を確認するだけで問題ありません。ASUS ZenFone Max M2は格安スマホで且つ、スタミナ充分のバッテリーとなっています。
そのためASUS ZenFone Max M2は、約3.5時間の充電で「連続待受最長約35日間」という記録があるのです。”

スマホ割ってなに?どれほどお得なの?

by admin ~ 8月 27th, 2019

“スマートフォンを持ちたい場合は、割引キャンペーンを利用したほうが良いとされています。
このような考えが存在する理由は、「ウェルカムスマホ割」のような割引キャンペーンを知ることで、その理由を良く理解できるようになるでしょう。ウェルカムスマホ割とは、「従来のケータイからスマートフォンに切り替える人が対象」となっています。
割引キャンペーンそのものは2018年11月以降からスタートしており、キャンペーン適用となる方であれば、「毎月で1500円の割引が発生する」のです。また、ウェルカムスマホ割のようなサービスは他にも存在するのですが、「いつ終了するのかは未定」となっているので注意してください。
現在、本体価格が1万円以上値引きになる、もしくは、ウェルカムスマホ割のような割引料金が発生するといった、これらのキャンペーンが多く存在します。ちなみに、利用の際に手数料が発生するようなキャンペーンではありません。”