パフォーマンスが凄すぎ!Galaxy A51 5G

by admin ~ 11月 7th, 2020

“2020年11月に発売予定となっている「Galaxy A41 5G」のパフォーマンスがとにかく凄いと話題になっています。どんな点が凄いのか、今から気になっている方も購入を検討している方も是非一緒に見ていきましょう。
まずはバッテリーですが4500mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、朝から夜まで一日中持ち歩いても安心して使えるという点は嬉しいですね。特に普段からよく旅行に行かれる方、スマホを持ち歩くことが多い方にはバッテリーの減りを気にせずに使えるというのは最大のメリットと言えるでしょう。またもしも、バッテリーが減ってしまって不安だなという時には最大15Wの急速充電に対応しているので、短時間の充電ですぐに充電を完了することができます。この急速充電に対応しているか否か、というのは実はとっても大きなポイントになっています。
通常、バッテリーを満了まで充電するとなれば1時間ほどかかるものもあります。しかし急速充電を使うことで、時間を30分や20分といったように短縮できるので忙しい方や、外出先で短時間で充電できるスマホがいい、という方におすすめなのです。ただし、この急速充電ですがGalaxy A51 5Gの場合、どの位の時間で満了になるのか、急速充電を利用した場合、どのくらいの時間でフル充電が可能なのか一度確認しておくと安心です。スマホの中には数十分で充電できるものもあれば、もっと時間がかかる場合もあるからです。もし気になる方は、購入前に是非確認してください。
またGalaxy A51 5Gは、最先端の生体認証を搭載しているので安心して使えるスマホをお探しの方、ロックを解除する時も簡単に解除できるので時間をかけずに快適に使える点も魅力です。特に指紋認証センサーが画面内に内蔵されたタイプになるので、でっぱりなどもなくディスプレイもシンプルで使いやすくなっています。一度指紋を登録してしまえば、画面に触れるだけの簡単操作でロックを解除できるので、わざわざ数字を入力する必要もありません。解除する時は、指紋センサーが内蔵されている指紋センサー部分に指で触れるだけで、指の位置を確認して指紋全体をスキャンしてくれます。具体的には、指で指紋センサーを押すことで、パーセンテージが表示されるので指紋全体をスキャンされたらロックが解除される仕組みです。
ただし、注意点としてスマホの画面に傷がつかないように保護シートを貼っている場合には、指紋センサーが正常に反応しない可能性があるので注意しましょう。もし、指紋センサーの反応がイマイチだなと感じた時は保護シートを剥がして試してみてください。
その他、ゲームブースターが搭載されているのでよりゲームに集中してプレイすることができます。バッテリーの冷却システムやメモリーを最適化してくれる点も嬉しいですね。
是非、今までにないGalaxy A51 5Gを検討してみてはいかがでしょうか。”Galaxy A51公式サイトはこちら

若者受けが良い格安スマホ「Motorola Moto G7 Plus」

by admin ~ 9月 18th, 2020

“シックなデザインが増えている最新スマートフォンですが、ユニークデザインのスマートフォンも、探してみると結構見つかります。
ユニークデザインのスマートフォンとして、若者にも支持されているものがMotorola Moto G7 Plusです。Motorola Moto G7 Plusは、本体背面に3Dガラスが採用されているため、他のスマートフォンでは見られないスタイリッシュなデザインとなっているのが魅力的とされています。
しかもMotorola Moto G7 Plusは、格安スマホなのに「重量が約172g、ディスプレイサイズは6.24インチ フルHD」を採用しているため、MVNOで入手できるスマートフォンにしてはすきがない構成となっています。Motorola Moto G7 Plusの場合、やや縦長の形状となっているので、このようなデザインについても従来のものとは違っていると言えるでしょう。
Motorola Moto G7 Plusのその他のスペックですが、「カメラはデュアル仕様、背面カメラ画素数1600万画素・500万画素、前面カメラ画素数は1200万画素」となっています。奇をてらったデザインのみが特徴的なのではなく、ハイスペックスマートフォンとしての一面もあるのが、Motorola Moto G7 Plusの良さと言えるでしょう。
Motorola Moto G7 Plusの持つ機能では、「ポートレートモード」を搭載しているところも魅力的です。ポートレートモードは背景をぼかすことのできる機能のため、注目して欲しい画像を、さらに注目されやすい画像に加工するのも簡単なため、SNSに対して画像投稿をすることが多い人であれば、Motorola Moto G7 Plusは、多彩な機能を備えているため魅力的に感じるでしょう。
これほどのスペックを持っているのですが、Motorola Moto G7 Plusは、ドルビーオーディオ(Dolby Audio)対応となっているので、その他の機能が劣っているわけでもありません。補足となりますが、コストダウンを図ったものには「moto g7」があります。
こちらは、コストダウンのみが優れているのではなく、「バッテリー容量が5000mAh」となっている「moto g7 power」もラインナップされているので、都合に合わせて、より良いスマートフォンを選べるようになっています。格安スマホを探している場合は、Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPもオススメです。
Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPは、「6.75mmのボディ、6.01インチワイドのディスプレイを搭載している」格安スマホのため、コンパクトサイズのスマートフォンを探している人にオススメできます。しかもMotorola Moto Z3 Play PABH0005JPは、デュアルカメラ搭載のためカメラ性能も低くありません。”

ズーム性能などが優れる「OPPO Reno 10x Zoom」

by admin ~ 9月 16th, 2020

“OPPO Reno 10x Zoomは、SIMフリースマホとして安いだけのスマートフォンではありません。
そんなOPPO Reno 10x Zoomの特徴ですが、「ズーム性能」が画期的とされているので、今では、SIMフリースマホの中でも売れ筋商品として、知られるようになってきました。OPPO Reno 10x Zoomは、「10倍ハイブリッドズーム搭載」のスマートフォンとなっているため、従来のものよりもズーム性能が優れている特徴があります。
また、通常の写真撮影ではズーム性能にこだわることがない・・・という意見もありますが、近年では、このような考え方が根底から覆ってきました。というのも、風景などをきれいに写真撮影できる時代となっているため、OPPO Reno 10x Zoomのような、ズーム性能にこだわりを持つユーザーが増えてきたからです。
近年では、写真撮影をSNS上でシェアする人も増えてきたため、ズーム性能が良いものほど、ポートレート機能も含めて評価されています。ズーム性能が良くないものでは、ぎりぎり遠くの写真が写せない、カメラを引いた状態で写真撮影する際に移動しないといけない・・・など、なにかと不都合が起きやすいのです。
しかしOPPO Reno 10x Zoomのカメラ性能であれば、遠くにいる被写体のディティールであっても、そのズーム性能で追いかけてくれる力強さがあるのです。実際に、OPPO Reno 10x Zoomを利用されているユーザーの多くは、唯一無二のカメラ性能があるため、一度でもOPPO Reno 10x Zoomを使ってしまうと、「もう以前のスマートフォンには戻れない」・・・などの賛辞を送っています。
OPPO Reno 10x Zoomの他の特徴では、「ウルトラナイトモード2.0」という機能も有名になってきました。こちらは暗い状況で使用するモードなのですが、自然な色合いの写真としての撮影が可能となる機能で、他のSIMフリースマホでは対応していないこともあるので注意してください。
SIMフリースマホの中では、ごくわずかなスマートフォンメーカーのみ対応となっています。ウルトラナイトモードの長所は、簡単な設定・入力のみで写真撮影できるところです。
OPPO Reno 10x Zoomのポートレート機能では、「スタイリッシュなフィルター」も用意されているため、両方の機能を上手く使いこなせるようになると、写真家の気分に浸ることができます。そして、そんな多機能なハイスペックスマートフォンが、OPPO Reno 10x Zoomであれば格安で購入できてしまうのです。
OPPO Reno 10x Zoomの購入ですが、多くの人は大型量販店で購入されています。他にも、「楽天モバイル・LinksMate」といったMVNOでは、OPPO Reno 10x Zoomを格安スマホの一種として取り扱っているので、購入において注意する点はありません。”

今では最重要となったモバイルバッテリー

by admin ~ 9月 14th, 2020

“スマートフォン人気が高いこともあって、「iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000A」、「TSUNEO モバイルバッテリー 8K」のようなグッズも人気です。
iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aは、ワイヤレス給電のQi対応モデルとなっており、素早く充電できるモバイルバッテリーを探しているのであれば、iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aがオススメです。iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aの特徴は、充電機能だけでなく、スマホの背面にピタッとくっつけられるところでしょう。
ゴムでできた吸盤ではなく、iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aのものは、「ナノ吸着技術採用」によって成立しています。そのため、ケーブル不要のままスマートに充電することが可能になっているのです。補足となりますが、iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000AはQi対応でAndroid・iPhoneの両方で使えるようになっています。
iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aのその他の特徴としては、バッテリー容量が3000mAhとなっているので、「フル充電」を意識して購入することも可能です。最新スマートフォンの中には4000~5000mAhのものも増えてきましたので、絶対にフル充電できるわけではありませんが、一般的なバッテリー容量であれば、iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aのみで十分です。
iWALK モバイルバッテリー JP-DBL3000Aは、「パススルー機能」付きのモバイルバッテリーなので、充電を行いながらスマートフォンの充電もできるようになっています。
TSUNEO モバイルバッテリー 8Kは、モバイルバッテリーとしての機能が充実しているモデルです。大きな特徴は、他のモバイルバッテリーに比べてコンパクトサイズを実現しているところでしょう。
一般的なスマートフォンと同サイズとなっているため、小物バッグに入れて持ち運んだとしても邪魔になりません。TSUNEO モバイルバッテリー 8Kは、本体に「Lightning・microUSB・USB Type-C」の3種のケーブルを内蔵しているため、後になって充電ができないなどのトラブルが少ないです。
デバイスをほとんど選ばずに充電できるようになっているため、他のモバイルバッテリーより高いけれど、その代わりに機能性がトップクラスのものを探しているのであれば、TSUNEO モバイルバッテリー 8Kがオススメとなります。
TSUNEO モバイルバッテリー 8Kはリーズナブルなモバイルバッテリーとなっていますが、バッテリー容量は「10000mAh」となっているので、大容量バッテリーであるのは事実です。TSUNEO モバイルバッテリー 8Kは、一般的なスマートフォンを約3回もフル充電することが可能となっていて、出力ポートの数も少なくありません。”auスマホ一覧

SIMフリースマホは何を参考にすれば良い?

by admin ~ 9月 6th, 2020

“格安スマホについて調べると、「SIMフリースマホ」が良く出てきます。SIMフリーとなっているため、キャリアスマホに比べてお得になっているものが、SIMフリースマホの大きな特徴です。
ですが、どのSIMフリースマホも同じ性能というわけではないので、以下のようなハイスペックスマートフォンを選ぶようにしましょう。ハイスペックスマートフォンの選び方ですが、エントリーモデル・ミドルレンジモデル・ハイエンドモデルで言うところの、「ハイエンドモデル」が該当します。
スペック重視のSIMフリースマホでは、ZenFone 6、AQUOS zero2、iPhone 11 Pro、Pixel 4などを選ぶと良いでしょう。世界的にも有名なハイスペックスマートフォンのため、購入前にレビュアーの評価を参考にすることも簡単です。
ちなみに、スペック重視でSIMフリースマホを選ぶ場合は、次のようなポイントも参考にすると、よりハイスペックなSIMフリースマホを見つけられます。「RAMは6GB以上、CPUはスナドラ 855、iOSの場合はA13 Bionic」を選ぶとよいのですが、これはハイスペックスマートフォンの特徴でもあり、演算能力の高さを表しているのです。
CPU・OSの性能が低いものを選んでしまうと、マルチタスク機能が上手く機能しなくなる、スペックが不足しているためゲーム・動画を動作させることができないなどのトラブルが発生します。デスクトップパソコンではないため、「後になってスペックを向上させるのも難しい」・・・、こちらも理解した上で購入するようにしましょう。
SIMフリースマホで見るべきポイントは他にもあります。例えば、ディスプレイであれば「大きさ、解像度、画面占有率、アスペクト比」などは、必ずチェックするようにしましょう。
最近のSIMフリースマホは、どんどんとサイズアップしている状況となっているため、スリムなスマートフォンにこだわる必要はありません。6インチ以上、180g前後のSIMフリースマホは多いので、SIMフリースマホだと、安かろう悪かろうの製品が出回っているわけではないのです。
カメラについても、「レンズ数・倍率・超広角レンズの画角」をチェックするようにしましょう。余裕があれば、SIMフリースマホでも導入されている「光学式手ブレ補正」ありのものを選んでいるかチェックすると、SNSなどで効果的なカメラ性能を持つスマートフォンを購入できます。
その他では、バッテリー容量もSIMフリースマホでは重要です。見るべきポイントは、「バッテリー容量、動画の連続視聴時間、ワイヤレス充電は可能か、急速充電に対応しているか」です。
SIMフリースマホでもバッテリー容量の差は大きく、片方は3000、もう片方は4000以上というケースは少なくありません。ちなみに、スマートフォンのスペックそのものは、ベンチマークスコアというものでも推し量ることができます。
これは、SIMフリースマホだけでなく、パソコンでも利用されているスコアなので、信用できる情報と思って問題ありません。”

5G対応スマホの気になるポイント

by admin ~ 6月 28th, 2020

“5G対応スマホ選びのコツを案内しています。
メインメモリ、内蔵ストレージ以外で、良く確認したほうが良いところといえば、「カメラ性能・機能」、「画素」、「その他の機能」の3種です。メインメモリ、内蔵ストレージについては、ほぼすべてのスマートフォンで水準が上がっているため、ミドルレンジモデルやハイエンドモデルを選ぶ場合、処理性能が低いと感じるものはほとんどありません。
ですが、5G対応スマホの中にはカメラ性能・画層・その他の機能が劣るものはあるので、これらに注意してスマートフォンを選ぶようにしましょう。カメラ性能・機能の確認方法ですが、5G対応スマホであれば、最新のカメラを導入しているはずなので、デュアルカメラ以上のものを選ぶようにします。
HUAWEI製スマートフォン、Samsung製スマートフォンでは、「トリプルレンズカメラ」のような、多機能なカメラで高画素のものが採用されています。これは、国内で開発されているスマートフォンでも同じです。
今では、SNSに画像・動画を配信する人が増えてきました。これは男女に関係なく増えているため、昔に比べてカメラの機能・画素を気にする人は多くなっています。
そのため、5G対応スマホの中には4000万画素を超えるカメラまであるので、こちらを目安にして、5G対応スマホ選びを進めると良いでしょう。アウトカメラを確認する際も「広角カメラ」はチェックしたほうが良いです。
広角カメラは、広い範囲を撮影することが可能になり、5G対応スマホでも良くチェックされるスペックとされています。他にも、「望遠カメラ」のような遠くにあるものを撮影するカメラ機能はあるか、このようなこともチェックするようにしましょう。
5G対応スマホのその他の機能では、「AI機能」をチェックするようにします。その理由ですが、カメラ機能の時と同じで、AI機能が多いスマートフォンほどカメラ機能が充実しているからです。
例えば、スマートフォンで雑に撮影するケースでも、AI機能ありの場合は、画像が加工されるようになっているため、被写体を上手く捉えている画像になるのです。最近になって導入されるようになった機能のため、5G対応スマホであれば、必ず導入されているとは限りません。
そして、「高速描画に対応している」かもチェックするようにしましょう。こちらの目安は、「毎秒240回(240Hz)の描画に対応している」ものを選ぶだけで問題ありません。
今では、スマートフォンを使って動画・ゲームを楽しむ人が多くいます。しかし、高速描画に対応していないスマートフォンを選んでしまうと、動きが部分的にカクカクしてしまう・・・といった、動画などを楽しめない状況に陥ってしまうのです。
メモリと同じで、このような問題の解決はスマートフォン本体の買い替えが必要です。そのため、5G対応スマホを購入する際は、ポイントを見極めてチェックしてから購入するようにしましょう。”

通信データ容量が気になる人はLINE MOBILE

by admin ~ 6月 10th, 2020

“コミュニケーションアプリとして有名なLINEですが、今では、LINEが多岐にわたるサービスを展開するようになりました。
そんなLINEのサービスを受けられるMVNOがLINE MOBILEです。MVNOというのは、通信回線を大手キャリアに依存する形で、スマートフォンを販売している企業のことです。
有名なMVNOでは、「UQモバイル、Y!mobile」などが存在するのですが、MVNOは初期設定などを契約者自らで行わないといけないため、最近までは、敷居の高い企業として敬遠する人も多くいました。しかし多くのMVNOは、LINE MOBILEのように「プランに力を入れている格安スマホを販売している」ため、ぐんぐんとその人気を伸ばしています。
LINE MOBILEの場合、SNSサービスのデータ通信料が発生しない「カウントフリープラン」が有名ですし、スマートフォンの本体価格についても、他のMVNOより高いわけではありません。”

美麗さが売りのスマホ「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」

by admin ~ 6月 8th, 2020

“耐水性が良い型落ちスマートフォンを探している場合は、SHARP AQUOS sense2 SH-M08がオススメです。
SHARP AQUOS sense2 SH-M08は、水濡れに強いタッチパネルが採用されているだけでなく、世界的にも評価されている「IGZOディスプレイ」を搭載しています。ディスプレイはコンパクトサイズとなっているため、SHARP AQUOS sense2 SH-M08は、5.5インチサイズの格安スマホとしても有名です。
SHARP AQUOS sense2 SH-M08は、高精細であることを売りにしているのですが、消費電力が約21%も抑えられているので、消費電力を気にする人も、SHARP AQUOS sense2 SH-M08と相性が良いでしょう。SHARP AQUOS sense2 SH-M08は、美麗な映像表示を可能としているため、他のスマートフォンに比べて文字が見やすいです。”

ネットもお得なDMMモバイル

by admin ~ 5月 31st, 2020

“昔からインターネット回線で有名なDMMモバイルですが、今では、格安SIMのDMMモバイルとしても有名になりました。
というのもDMMモバイルは、インターネット回線とセットで格安SIMに申し込めるからです。つまり、インターネット回線とセットで安くなる割引制度があるので、ネット回線を安く利用したい人にとっても、DMMモバイルは使い道が十分な格安SIMなのです。
ちなみに、スマートフォンの購入、プランの申し込み、インターネット回線の契約というのは、同じ会社でセット申し込みすると安くなります。ですが、中々DMMモバイル以上は見つからないので、できるだけ優遇されるブランドを探しているのであれば、DMMモバイルを選ばれると良いでしょう。
具体的には、一般的な格安SIMはネット回線、スマホのセットで200円の割引となりますが、DMMモバイルは500円も割引されるのです。その他にも優遇されるため、DMMモバイルは人気です。”ギャラクシー au

「Galaxy A30」はミドルレンジモデルでは珍しい機能が多い

by admin ~ 1月 4th, 2020

“Galaxy A30の特徴的な機能というと、「デュアルカメラ、おサイフケータイ、防水・防塵性能」の3種です。
防水・防塵性能については、ミドルレンジモデルであっても追求されることが多く、防水・防塵性能が、ハイエンドモデル並みのものも少なくありません。ですがGalaxy A30は、デュアルカメラを搭載しているミドルレンジモデルで、こちらは珍しいと良く言われます。
というのも、ハイエンドモデル以外のスマートフォンでは、インターネットの閲覧、利用に重点を置いているか、もしくはゲームなど、アプリケーションエラーの対策、アプリケーション動作に力を入れているものが多いからです。これはミドルレンジモデルでは顕著なため、デュアルカメラ搭載のような、写真撮影を意識したモデルは珍しいとされています。
しかも、キャッシュレス社会に適応したおサイフケータイもあるため、Galaxy A30は、ミドルレンジモデルにもかかわらず、現代の生活においてほぼ必要な機能が備わっている、特別なスマートフォンと言えるでしょう。補足となりますが、Galaxy A30のレンズは、「広角、超広角2つのレンズを備えている」ため、レンズも特別な仕様となっています。”