スマホ割ってなに?どれほどお得なの?

by admin ~ 8月 27th, 2019

“スマートフォンを持ちたい場合は、割引キャンペーンを利用したほうが良いとされています。
このような考えが存在する理由は、「ウェルカムスマホ割」のような割引キャンペーンを知ることで、その理由を良く理解できるようになるでしょう。ウェルカムスマホ割とは、「従来のケータイからスマートフォンに切り替える人が対象」となっています。
割引キャンペーンそのものは2018年11月以降からスタートしており、キャンペーン適用となる方であれば、「毎月で1500円の割引が発生する」のです。また、ウェルカムスマホ割のようなサービスは他にも存在するのですが、「いつ終了するのかは未定」となっているので注意してください。
現在、本体価格が1万円以上値引きになる、もしくは、ウェルカムスマホ割のような割引料金が発生するといった、これらのキャンペーンが多く存在します。ちなみに、利用の際に手数料が発生するようなキャンペーンではありません。”

昔はシャープペンシルも開発していた!SHARPの特徴

by admin ~ 8月 12th, 2019

“SHARPというと、スマートフォン業界でも有名なメーカーの1つです。
ですが、SHARPはプラズマクラスター、ヘルシオ、スマートフォンのような商品だけでなく、過去にはシャープペンシルを開発していた時期もありました。社名のSHARPについても、シャープペンシルが由来となっており、今でもその名前が使われています。
SHARPの正式な会社名は「シャープ株式会社」で、通称がシャープです。SHARPの設立は古く、設立年度が1912年となっています。
SHARPは大手企業としての実績があるだけでなく、資本金は2016年時点で50億円、
従業員数は42000人を超えています。そんなSHARPですが、SHARPの代表的なスマートフォンは、世界中で利用されることの多いAQUOS PHONEシリーズです。
SHARP製品の多くはデザインが洗練されているため、こちらを意識してAQUOSシリーズを購入する人もいるほどです。”Galaxy S10e 公式サイト

バッテリー容量に余裕がある「SHARP AQUOS R SHV39 au」

by admin ~ 7月 26th, 2019

“AQUOS R SHV39 auは、SHARPから提供されているスマートフォンです。
キャリアはau、販売時期は2017年以降となっているのですが、今でも使いやすいと感じている人が多いスマートフォンでもあります。その理由ですが、SHARP AQUOS R SHV39 auには以下のようなスペック上の特徴があるからです。
SHARP AQUOS R SHV39 auは、「OSがAndroid 7.1、CPUがSnapdragon 835 MSM8998」となっているため、ハイスペックスマートフォンであるのは確かです。しかもSHARP AQUOS R SHV39 auは、「外部メモリ最大容量が256GB、バッテリー容量が3160 mAh、画面サイズが5.3 インチでIGZO液晶」のため、独自性の強いスマートフォンとしての人気も得ているのです。
なによりSHARP AQUOS R SHV39 auは、バッテリー容量が他のスマートフォンより多くなっています。”

バッテリー容量の注意点!大きければ大きいほど良いわけではない

by admin ~ 7月 15th, 2019

“最新機種のスマートフォンを確認すると、「バッテリー容量がさらにアップ」というキャッチコピーを良く見かけるようになりました。
そのため、スマートフォンのバッテリー容量については、現状、容量アップが前提になっていると言っても過言ではありません。ですが、バッテリー容量が大きくなっても、「バッテリー消費が少なくなっている」わけではないので、こちらに注意してスマートフォンを購入したほうが良いでしょう。
スマートフォンのバッテリーは、起動している間はずっと使用されている状況が続くようになっているので、実は、バッテリー容量のアップを図っても、1~5%ほどのバッテリー容量アップしか見込めていないものもあります。ここで重要となるのは、スマートフォンに搭載されているOSが、バッテリー消費を意識しているかどうかです。
あまり意識していない場合は、アプリのアップデート、使用しないでも良いアプリをOFFにする機能など、これらの機能、特徴を有していないことが多いです。”

格安スマホの定番「AQUOS sense2 SH-M08」

by admin ~ 6月 29th, 2019

“AQUOS sense2 SH-M08は、AQUOSシリーズのスマートフォンなのですが、発売から1年以上経過しているのに、今でも人気のあるスマートフォンとなっています。
その理由ですが、最近では良く話題になっている「低価格のスマートフォン」だからです。スマートフォンの多くは、低価格のスマートフォンであっても4万円台のものが多いので、実はそれほど安いわけではありません。
ですがAQUOS sense2 SH-M08は、定価そのものが36000円ほどとなっているため、SIMフリー端末と比較しても、AQUOS sense2 SH-M08のほうが安いのです。最近では、3万円以下の低価格のスマートフォンも出てきましたが、AQUOS sense2 SH-M08は販売実績が多いため、レビューサイトなどで噂を聞きつけて、こちらを購入される人が増えてきました。
しかしAQUOS sense2 SH-M08は、3Dゲームアプリのような、重いアプリを動作させるのは得意ではありません。”

VAIOがスマートフォンを開発!VAIOはパソコンブランドとして有名

by admin ~ 6月 23rd, 2019

“ケータイ、スマートフォンの人気は昔から高かったのですが、今でも、パソコンの人気は安定しているため、VAIOシリーズを知っている人は多くいます。
VAIOシリーズは、今までであればパソコンブランドだったのですが、今では、スマートフォンを通じて一躍有名になりました。と言っても、VAIOシリーズのスマートフォンに、最新機能が多く搭載されているわけではありません。
ではどうして有名になったのかというと、それは、VAIOシリーズを生産している工場にあります。VAIOシリーズは、「安曇野工場で選任の技術者の手によって全数検査を経ている」という特徴があり、厳しい検査を終えてから出荷されているのです。
これは「安曇野FINISH」と呼ばれるもので、徹底した品質管理により、高い品質のスマートフォンが生み出されているのです。つまり、開発だけでなく生産についても、世界トップクラスの信頼性があるため人気があります。”

Xperiaで有名になったSTAMINAモードの特徴

by admin ~ 6月 16th, 2019

“「最新のスマートフォンは電池を気にしないで利用できる」・・・、このような噂を耳にして、android端末の最新機種を選ぶ人もいます。
ですがこれは根も葉もない噂ではありません。というのも、XperiaのSTAMINAモードのように、電池性能を向上させるための機能が、android端末の最新機種に搭載されるようになってきたからです。
STAMINAモードとは、設定をONにするだけで、「電池の残量、使用状況に応じた節電レベルを選択できるモード」のことです。状況によっては、すぐにスマートフォンの充電を行えない場合に、STAMINAモードは役立ってくれます。
しかも、最新機種ではスマートフォンがSTAMINAモードを学習し、バッテリー切れの予測を行う、事前にそのことを通知するようなサービスも、設けられるようになりました。これらの機能が向上しているため、今ではバッテリー切れの心配もなく、スマートフォンを利用できるのです。”

コストパフォーマンスが良い「Galaxy Feel2 SC-02L」

by admin ~ 6月 9th, 2019

“コストパフォーマンスが良いとされている機種では、Galaxyシリーズが有名です。
そのためGalaxyシリーズは人気なのですが、今ではGalaxy Feelの後継機種として、Galaxy Feel2 SC-02Lも販売されるようになりました。Galaxyシリーズのコンセプトは、「リーズナブルなのにスペックが良い」です。
しかもGalaxy Feel2 SC-02Lは、前機種と同じで「docomo with」に対応しているandroid端末なので、機能面も問題ありません。Galaxy Feel2 SC-02Lのスペックですが、OSはAndroid 8.1、CPUが2.2GHz・1.6GHzオクタコアを採用しているので、動画視聴、その他のWeb閲覧(SNSなどの利用)であっても、余裕をもって動作するようになっています。
Galaxy Feel2 SC-02Lは、バッテリーが3000mAhなので、バッテリー容量を気にしている人にも、オススメできるスマートフォンです。”

ローソンでキャッシュレス

by admin ~ 5月 25th, 2019

キャッシュレス化はあちこちで聞こえてきた今日この頃。昨年から騒がれていたが、いよいよ本格的になってきたと私は感じる。それはコンビニでも採用され始めたからだ。ローソンで使えるようになったと聞いた時は私は感動した。朝早く行っても混んでることがままあるコンビニでのキャッシュレス化が示す答えは、会社や学校への遅刻が減るのはもちろんお客さんのストレスも大きく減ることだろう。コンビニは24時間営業な為どうしても人が必要になる。ただ、これで人手不足の問題が解決し始めたということではないだろうか。しかし、コンビニの深夜には少なからず監視をする意味でも人は必要な為、私はコンビニよりもスーパーなどのキャッシュレス化を優先するべきだと感じた。コンビニのキャッシュレス化に伴いお客さんも気軽にこれる様にはなると思いますが、ますますスマホから離れることが難しくなると思うと少し怖いぐらいである。やはり私は現金の方が好きである。

スマホのカラーのバリエーションについて

by admin ~ 5月 17th, 2019

新型Xperia1の色「紫」なのだが、どうやら発表時とは異なる色合いになっているらしい。明るい紫に見えたようで実物を見てみると想像より暗かったようだ。しかし、Xperiaといえば紫と言うほど代表的な色な為、多少違ってもそこまで気にしないと私は思ってた。だが、批判とは違うのだがいろんな意見があまりに多いと思ってしまった。ただ利用者の気持ちを考えると発表と違うのは、楽しみにしていたものを無くされたようなもので、私でも何かを唱えるかもしれない。ただこれに関しては光の角度やスマホの角度でも大きく変わってくるものだし、多少の変更があっても別におかしくはない。例え加工方法が違ったとしても紫というコンセプトを崩しているわけでも、嘘をついているわけでもない。私としてはもし、加工方法なんてものを変えたりする時はこっちの方が綺麗に見えることや、保存状態が良くなることなど、理由があって変更しているわけだからあまり気にしなくてもいいのではないかと思う。