5G対応スマホの「Reno6 Pro 5G (CPH2247)」とは?

by admin ~ 11月 29th, 2021

“5Gスマートフォンは4Gスマホよりも高速通信を可能にしていますし、大型液晶ディスプレイや大容量バッテリーなどを搭載していますので、4Gスマホよりも色々なことを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Reno6 Pro 5G (CPH2247)」という5Gスマホがあり、大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUや朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリー、高コントラストかつシャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約78000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約188gという握りやすくて持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+望遠レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.3)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや防水・防塵機能、冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

約6万円で手に入るハイスペックスマートフォン「MOTOROLA g100」

by admin ~ 11月 27th, 2021

“最新のチップセット搭載のモデルを探している人にオススメなのが、「MOTOROLA g100」です。
チップセットとは、スマートフォンの処理を行っているものを示すもので、最新のものが搭載されているかどうかで性能は激変するといっても過言ではありません。パソコンの場合も、最新のチップセット搭載でストレージについても最新のもの(SSD搭載)のものが、今では、テレワークなどを通じて飛ぶように売れている状況です。
チップセットの補足となりますが、こちらは動作環境をチェックするだけでわかるようになっています。
MOTOROLA g100の場合、「チップセットにSnapdragon870を搭載」しているモデルとなりますので、チップセットが最新であるのは動作環境のみでチェックできるようになっています。最新のものほど番号が大きく、古いチップセットほど番号が小さくなるため、チップセットを見分けることは難しくありません。
ちなみに、スマートフォンのスペック上で妥協できるチップセットは、Snapdragonの場合は「500番台」までと思ったほうが無難でしょう。400番台ではすでに動作不良が認められており、500番台の格安スマホについても、実は600番台を搭載しているスマートフォンと価格が似通っているのです。
つまり、スマートフォン選びで重要となるチップセットは、600~800番台で選ぶのが現代ではセオリーとなります。
MOTOROLA g100は価格が「約58,000円」とお高めなのですが、その代わりにハイスペックスマートフォンとしての矜持を見せてくれるポテンシャルがあります。MOTOROLA g100のスペックですが、「発売が2021年5月と比較的新しく、動作環境はSnapdragon870、RAMは8GB、AnTuTu8ベンチマークスコアで65万をマーク」という、とんでもない性能を誇ります。
性能の補足となりますが、一般的なスマートフォンのレベルでは30万を超えるものが少数存在する程度です。それほどMOTOROLA g100は優秀なのですが、その他のスペックも高品質で「内部ストレージが128GB、外部ストレージ対応で1TB、ディスプレイは6.7インチの解像度2520×1080(FHD+)、カメラは背面6400万+1600万+200万画素の前面1600万+800万画素、バッテリー容量は5,000mAh、サイズは168.4×74×9.7mm、重量は215g」となります。
MOTOROLA g100のデメリットは、同じスペックのものと比べてちょっと高いこと、そしてワイドタイプで重いスマートフォンに仕上がっているところです。ですが、スペックについては唯一無二のモンスタースペックを誇るので、こちらのスペックに惚れこんで購入されているユーザーは多い状況です。”

より高品質なゲーミングスマホを探すポイント

by admin ~ 10月 19th, 2021

“次のようなポイントをおさえてゲーミングスマホを選ぶようにすると、よりゲームを楽しむことができます。
まず、ゲーミングスマホは「解像度も重要」ということを覚えておきましょう。解像度とは、スマートフォンの「グラフィックスのスペック」に記載されているもので、1920×1080(フルHD)以上の解像度を持つスマートフォンが今では増えてきました。
解像度が低いゲーミングスマホの場合、文字などがつぶれて見える、奥行きなどがわかりづらい・・・など、ゲームを楽しむことができない問題が起きてしまうので、CPUばかりに目を配るのはよくありません。
高精細なグラフィックのゲーミングスマホを持ちたい場合は「1920×1200」のフルHD+以上を選ぶようにしましょう。もしくは、「2K、4K対応」と案内されているゲーミングスマホがオススメです。
次に、最近では特に注目されるようになった「サウンド」にも気を配るようにしましょう。
ゲーミングスマホのサウンドとして有名なものでは「Dolby Atmos」、「aptX」があります。よく見かけるサウンドのスペックなのですが、一般の人にはなんのことなのかわからない・・・かと思いますので、大まかな特徴について案内させていただきます。
サウンドのDolby Atmosですが、今までのサウンドとは違い「三次元で音を捉える」ことに成功しているサウンドです。そのため、より臨場感のあるサウンドを求めている人にオススメできます。例えば、ゲーミングスマホでレースゲームをプレイしたい、そんな要望を持つ人にピッタリでしょう。
サウンドのaptXは、「音域の削除領域がない」というユニークなサウンドです。そのため、ワイヤレスイヤホンのようなクオリティに問題のあるイヤホンを使っている場合でも、高音・低音の差を判断できるようになっています。
ゲーミングスマホで他に注意しておきたいポイントは、「冷却機能」、「バッテリー容量」の2つでしょう。
冷却機能が弱いゲーミングスマホの場合、急に動きが遅くなるようなトラブルに見舞われることが増えてしまうので注意してください。バッテリー容量についても、今ではミドルレンジモデルでさえ4,000mAh以上のバッテリーが増えています。なので、安いゲーミングスマホを選んでしまい、バッテリー容量に妥協してしまうのはかなりもったいないです。
ゲーミングスマホのバッテリー容量は5,000mAh以上が好ましい・・・という意見もありますが、個人的には4,000mAhで十分です。というのも、今ではほぼすべてのゲーミングスマホが「急速充電対応」となっているからで、バッテリー消費を気にせずゲームを楽しむことがでできるため、そこまで5,000mAhにこだわる必要はありません。”

多機能、高機能が売りのOPPOのスマートフォンはどれ?

by admin ~ 5月 28th, 2021

“国内外で高い評価を受けているOPPOのスマートフォンですが、その中でも特に人気の高いモデルをクローズアップしていこうと思います。
「OPPO Reno3 A」は、おサイフケータイ、防水仕様が人気のOPPOのスマートフォンです。今では国内のスマートフォンメーカーでも、OPPO Reno3 Aに似たモデルはありますが、OPPO Reno3 Aは安いだけでなく「日本向けに対応している」モデルなので人気です。
つまりOPPO Reno3 Aは、日本人であっても使いやすいと感じるモデルとなります。OPPOのスマートフォンは軽量化が進んでいるため、他のスマートフォンよりも軽いスマートフォンを探しているのであれば、OPPO Reno3 Aを購入されると良いでしょう。
このようにOPPO Reno3 Aは高性能さが売りです。他にも機能は充実しており、「手ぶれ補正、撮影モードの充実」を通じて、確実にOPPOのスマートフォンは人気が上がってきています。そのため、OPPO Reno3 Aはカメラ性能が良いモデルを探している人にもオススメできます。
OPPO Reno3 Aのスペックですが、「CPUはSnapdragon 665、ROMは128GB、カメラ画素は約4800万画素」です。CPUを比較してみるとわかりますが、OPPO Reno3 AはCPUの性能が格段に良いわけではありません。ですがコストパフォーマンスで選ばれているモデルなので、最新ゲームなどで遊ぶ予定がない人であれば、OPPO Reno3 Aとは相性が良いといえます。
次に「OPPO A73」は、「超広角レンズ搭載の最新モデル」となります。今ではSNSを多くの人が利用している時代なので、広角レンズを多用する時代になりました。広角レンズありのOPPO A73は、撮影を行う際に広々と撮影することが可能となっているため、様々な景色、被写体に対して有効なスマートフォンです。
OPPO A73は、その他にも「4眼アウトカメラ、1600万画素でAIビューティー対応」となっているため、同価格帯では搭載されていない機能を備えています。そのため、写真撮影には妥協したくない・・・という人の場合、もしかすると、OPPO A73よりよいスマートフォンは見つからない可能性はあるでしょう。
OPPO A73はその他にも、「フルHDに対応している、有機ELディスプレイ搭載、指紋認証機能あり、軽量化に成功しており162gのボディ」となっています。しかもOPPO A73は、国内初でeSIM採用のモデルとなっているため、複数のキャリアの切り替えでも有利です。
最近では、「海外旅行の際に通信事業者の契約をeSIMで切り替える」ために、OPPO A73を購入される人も増えてきました。OPPO A73のスペックですが、「CPUは662オクタコアCPU、ROMは64GB、カメラ画素は1600万画素」となります。”

欠点に注意したほうが良いHUAWEIのローエンドモデル

by admin ~ 5月 19th, 2021

“HUAWEIのスマートフォンというと、「他のスマートフォンメーカーより優れている」という評価もありますが、購入に注意したほうが良いモデルもあることを知っておいたほうが良いでしょう。
例えば、「HUAWEI nova lite 3+」が該当します。HUAWEI nova lite 3+は、HUAWEI nova lite3の後継機にあたるモデルです。最近になって発売されたスマートフォンモデルの一種で、販売は2020年なのですが「GMS搭載」のモデルのため、HUAWEI nova lite 3+は一躍人気となりました。
また、HUAWEI nova lite 3+は間違いなくローエンドモデルのはずなのですが、ローエンドモデルにしては珍しく、「ストレージ容量不足を感じさせない、ストレージ容量がアップしているモデル」なのです。HUAWEIのスマートフォンは優秀と言われている所以でもあるのですが、基本的にHUAWEIのスマートフォンは、全体的に底上げされているモデルが多く、HUAWEI nova lite 3+も該当します。
ですが、まったく問題点のないローエンドモデルではありません。これは他のスマートフォンメーカーにも言えることですが、ローエンドモデルを選ぶ場合は、HUAWEI nova lite 3+のように「5GHz帯につなぐことのできない問題点」を抱えていると思ったほうが良いでしょう。
他のスマートフォンメーカーではストレージ容量、カメラ性能が悪いためにローエンドモデルとして、2万円前後で販売されているものが多いです。そのためHUAWEI nova lite 3+は、これからスマートフォンデビューをされる人であれば、問題なく持てるスマートフォンモデルとして評価できます。
また、ローエンドモデルの中でも高評価されているものが欲しい場合は、「HUAWEI nova lite 3」を購入されると良いでしょう。HUAWEI nova lite 3は、基本スペックがHUAWEI P30liteに引けを取らないほどのスマートフォンモデルです。
ですが、HUAWEI nova lite 3も「5GHz非対応モデル」のため注意してください。つまり家庭のWi-Fiに接続する場合は、HUAWEI nova lite 3などのローエンドモデルには、なにかしらの障害があるということです。”

スマホのインターネットセキュリティを改善するコツ

by admin ~ 3月 23rd, 2021

“昔とは違い、今ではメールだけでなくスマートフォンを利用しているだけで、スマートフォンを利用できなくなるケースがあります。
こちらは「ランサムウェア」と呼ばれている手法によって発生するのですが、内容としてはスマートフォンを起動できないなど嫌がらせレベルのものも混じってきます。ですが、このような状態になってしまうとスマートフォンを利用できなくなるだけでなく、重要な情報を失ってしまうリスクまで発生するのです。
しかも今では、ランサムウェアそのものが出回っている世の中なので、パソコンウイルスを警戒するのと同じように、ランサムウェアにも警戒したほうが良いでしょう。
具体的な対応についてはいくつかあります。最も有名な対応は、「怪しいメールや添付ファイルを開かない」ことです。簡単なように思えるかもしれませんが、今では、大企業の名前を使って嘘のメールを送るケースもあるので注意してください。このようなメールの見極め方ですが、表現が大げさ、もしくはメールアドレスが本物に比べて長いなどの特徴があります。
それとランサムウェアの多くは、データに影響を与えるものが多いので、「バックアップを取る」ようにしましょう。こうしておくことで情報の復元を早めることができます。
また、すでにマルウェア感染しているかも・・・と思った際は、個人で対処しないようにしましょう。というのも、インターネットを通じてサイトなどを訪問しているケースでも、個人情報が盗まれるケースはあるからです。マルウェア感染が疑われる場合は有料のウイルスセキュリティをインストールするようにして、どのようなウイルスに感染しているのか、除去できるのかをチェックしたほうが賢明です。
補足となりますが、サイトをどうしても訪問しないといけないケースでは、「本物のサイトを直接ネット検索する」のがベストです。メールにURLが貼り付けられていることもありますが、万が一にでも嘘のURLをクリックしてしまうと、フィッシングサイトに誘導される恐れがあるので注意してください。Amazonの場合は、「Amazon」で検索を行って表示されるトップのページのみ信用すると、このような面倒事に巻き込まれるリスクを低減できます。
そして、「Free Wi-Fiの使用は控える」ようにしましょう。Free Wi-Fiの中には個人情報を盗む目的のものもありますし、インターネットに慣れている人でも見抜くことが困難です。そもそもFree Wi-Fiは「セキュリティ対策をしていないものも含まれる」ので、安全性が保証されているWi-Fiではありません。
これらのことをチェックしてみると、スマートフォン、インターネットセキュリティの安全度はかなり違ってきます。これから安全にスマートフォンを活用したい人は、よければこれらの情報を役立ててください。”

コストパフォーマンスに優れる「Xperia 1 II SO-51A」

by admin ~ 11月 21st, 2020

“ハイエンドモデルの中でも注目されているXperia 1 II SO-51Aですが、通常価格だけを確認すると123000円ほどで販売されているため、コストパフォーマンスに優れると言われても実感がわきません。
ですが、docomoの場合は「スマホおかえしプログラム」、auの場合は「かえトクプログラム」を選択することによって、80000円前後でXperia 1 II SO-51Aを購入できるため、こちらを知っている人であれば、Xperia 1 II SO-51Aはコストパフォーマンスに優れるという評価にも納得できるでしょう。
ちなみに、Xperia 1 II SO-51Aがこれほど評価されているのは、5G対応スマートフォンだからです。今では5G時代が叫ばれているため、5G対応スマートフォンは多い・・・と思われることは良くありますが、今のところゆるやかにしか新機種が出ておりませんので、5G対応スマートフォンはあまり販売されていない状況となっています。
しかもdocomoやauは、次のような割引キャンペーンも重ねて出しているので、Xperia 1 II SO-51Aを安く購入しようと思えば、「7万円以下で購入できる」ような状況にあります。そのため、今までは4Gスマートフォンで良い・・・と考えていた人が、今になってXperia 1 II SO-51Aなどに注目するようになりました。
割引キャンペーンについてですが、docomoの場合は「5G WELCOME割」、auの場合は「Online Shop お得割」を選択するだけです。これで20000円以上の割引が適用されるのですから、一気に5G対応スマートフォンのユーザーが増えているのにも納得できます。
5G対応スマートフォンの中でもXperia 1 II SO-51Aが売れている理由は、コストパフォーマンスが良いからという理由だけではありません。Xperia 1 II SO-51Aは、「SONY初となる5G対応スマートフォン、カメラ性能が向上している、21:9のシネマワイド4K HDR対応有機ELディスプレイ、DSEE Ultimate搭載」となっています。つまり、従来のスマートフォンでは体験できない機能が積まれているため、Xperia 1 II SO-51Aは特別視されているのです。
逆に、今のような状況でもXperia 1 II SO-51Aを購入しない人は、次の2つの理由があるため購入していません。1つは「端末価格が高すぎる」から、もう1つは「顔認証がない」からです。
端末価格が高すぎるというのは、Xperia 1 II SO-51Aのキャンペーン割引を知らないゆえに高いというケースが多く、最近ではこちらを理由にする人は減ってきました。ですが、セキュリティ強化が叫ばれている現在でも、Xperia 1 II SO-51Aのセキュリティは一般的なレベルです。
顔認証がない場合は認証そのものが面倒になりますので、このような評価があるのにも納得できます。”

パフォーマンスが凄すぎ!Galaxy A51 5G

by admin ~ 11月 7th, 2020

“2020年11月に発売予定となっている「Galaxy A41 5G」のパフォーマンスがとにかく凄いと話題になっています。どんな点が凄いのか、今から気になっている方も購入を検討している方も是非一緒に見ていきましょう。
まずはバッテリーですが4500mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、朝から夜まで一日中持ち歩いても安心して使えるという点は嬉しいですね。特に普段からよく旅行に行かれる方、スマホを持ち歩くことが多い方にはバッテリーの減りを気にせずに使えるというのは最大のメリットと言えるでしょう。またもしも、バッテリーが減ってしまって不安だなという時には最大15Wの急速充電に対応しているので、短時間の充電ですぐに充電を完了することができます。この急速充電に対応しているか否か、というのは実はとっても大きなポイントになっています。
通常、バッテリーを満了まで充電するとなれば1時間ほどかかるものもあります。しかし急速充電を使うことで、時間を30分や20分といったように短縮できるので忙しい方や、外出先で短時間で充電できるスマホがいい、という方におすすめなのです。ただし、この急速充電ですがGalaxy A51 5Gの場合、どの位の時間で満了になるのか、急速充電を利用した場合、どのくらいの時間でフル充電が可能なのか一度確認しておくと安心です。スマホの中には数十分で充電できるものもあれば、もっと時間がかかる場合もあるからです。もし気になる方は、購入前に是非確認してください。
またGalaxy A51 5Gは、最先端の生体認証を搭載しているので安心して使えるスマホをお探しの方、ロックを解除する時も簡単に解除できるので時間をかけずに快適に使える点も魅力です。特に指紋認証センサーが画面内に内蔵されたタイプになるので、でっぱりなどもなくディスプレイもシンプルで使いやすくなっています。一度指紋を登録してしまえば、画面に触れるだけの簡単操作でロックを解除できるので、わざわざ数字を入力する必要もありません。解除する時は、指紋センサーが内蔵されている指紋センサー部分に指で触れるだけで、指の位置を確認して指紋全体をスキャンしてくれます。具体的には、指で指紋センサーを押すことで、パーセンテージが表示されるので指紋全体をスキャンされたらロックが解除される仕組みです。
ただし、注意点としてスマホの画面に傷がつかないように保護シートを貼っている場合には、指紋センサーが正常に反応しない可能性があるので注意しましょう。もし、指紋センサーの反応がイマイチだなと感じた時は保護シートを剥がして試してみてください。
その他、ゲームブースターが搭載されているのでよりゲームに集中してプレイすることができます。バッテリーの冷却システムやメモリーを最適化してくれる点も嬉しいですね。
是非、今までにないGalaxy A51 5Gを検討してみてはいかがでしょうか。”Galaxy A51公式サイトはこちら

若者受けが良い格安スマホ「Motorola Moto G7 Plus」

by admin ~ 9月 18th, 2020

“シックなデザインが増えている最新スマートフォンですが、ユニークデザインのスマートフォンも、探してみると結構見つかります。
ユニークデザインのスマートフォンとして、若者にも支持されているものがMotorola Moto G7 Plusです。Motorola Moto G7 Plusは、本体背面に3Dガラスが採用されているため、他のスマートフォンでは見られないスタイリッシュなデザインとなっているのが魅力的とされています。
しかもMotorola Moto G7 Plusは、格安スマホなのに「重量が約172g、ディスプレイサイズは6.24インチ フルHD」を採用しているため、MVNOで入手できるスマートフォンにしてはすきがない構成となっています。Motorola Moto G7 Plusの場合、やや縦長の形状となっているので、このようなデザインについても従来のものとは違っていると言えるでしょう。
Motorola Moto G7 Plusのその他のスペックですが、「カメラはデュアル仕様、背面カメラ画素数1600万画素・500万画素、前面カメラ画素数は1200万画素」となっています。奇をてらったデザインのみが特徴的なのではなく、ハイスペックスマートフォンとしての一面もあるのが、Motorola Moto G7 Plusの良さと言えるでしょう。
Motorola Moto G7 Plusの持つ機能では、「ポートレートモード」を搭載しているところも魅力的です。ポートレートモードは背景をぼかすことのできる機能のため、注目して欲しい画像を、さらに注目されやすい画像に加工するのも簡単なため、SNSに対して画像投稿をすることが多い人であれば、Motorola Moto G7 Plusは、多彩な機能を備えているため魅力的に感じるでしょう。
これほどのスペックを持っているのですが、Motorola Moto G7 Plusは、ドルビーオーディオ(Dolby Audio)対応となっているので、その他の機能が劣っているわけでもありません。補足となりますが、コストダウンを図ったものには「moto g7」があります。
こちらは、コストダウンのみが優れているのではなく、「バッテリー容量が5000mAh」となっている「moto g7 power」もラインナップされているので、都合に合わせて、より良いスマートフォンを選べるようになっています。格安スマホを探している場合は、Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPもオススメです。
Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPは、「6.75mmのボディ、6.01インチワイドのディスプレイを搭載している」格安スマホのため、コンパクトサイズのスマートフォンを探している人にオススメできます。しかもMotorola Moto Z3 Play PABH0005JPは、デュアルカメラ搭載のためカメラ性能も低くありません。”

ズーム性能などが優れる「OPPO Reno 10x Zoom」

by admin ~ 9月 16th, 2020

“OPPO Reno 10x Zoomは、SIMフリースマホとして安いだけのスマートフォンではありません。
そんなOPPO Reno 10x Zoomの特徴ですが、「ズーム性能」が画期的とされているので、今では、SIMフリースマホの中でも売れ筋商品として、知られるようになってきました。OPPO Reno 10x Zoomは、「10倍ハイブリッドズーム搭載」のスマートフォンとなっているため、従来のものよりもズーム性能が優れている特徴があります。
また、通常の写真撮影ではズーム性能にこだわることがない・・・という意見もありますが、近年では、このような考え方が根底から覆ってきました。というのも、風景などをきれいに写真撮影できる時代となっているため、OPPO Reno 10x Zoomのような、ズーム性能にこだわりを持つユーザーが増えてきたからです。
近年では、写真撮影をSNS上でシェアする人も増えてきたため、ズーム性能が良いものほど、ポートレート機能も含めて評価されています。ズーム性能が良くないものでは、ぎりぎり遠くの写真が写せない、カメラを引いた状態で写真撮影する際に移動しないといけない・・・など、なにかと不都合が起きやすいのです。
しかしOPPO Reno 10x Zoomのカメラ性能であれば、遠くにいる被写体のディティールであっても、そのズーム性能で追いかけてくれる力強さがあるのです。実際に、OPPO Reno 10x Zoomを利用されているユーザーの多くは、唯一無二のカメラ性能があるため、一度でもOPPO Reno 10x Zoomを使ってしまうと、「もう以前のスマートフォンには戻れない」・・・などの賛辞を送っています。
OPPO Reno 10x Zoomの他の特徴では、「ウルトラナイトモード2.0」という機能も有名になってきました。こちらは暗い状況で使用するモードなのですが、自然な色合いの写真としての撮影が可能となる機能で、他のSIMフリースマホでは対応していないこともあるので注意してください。
SIMフリースマホの中では、ごくわずかなスマートフォンメーカーのみ対応となっています。ウルトラナイトモードの長所は、簡単な設定・入力のみで写真撮影できるところです。
OPPO Reno 10x Zoomのポートレート機能では、「スタイリッシュなフィルター」も用意されているため、両方の機能を上手く使いこなせるようになると、写真家の気分に浸ることができます。そして、そんな多機能なハイスペックスマートフォンが、OPPO Reno 10x Zoomであれば格安で購入できてしまうのです。
OPPO Reno 10x Zoomの購入ですが、多くの人は大型量販店で購入されています。他にも、「楽天モバイル・LinksMate」といったMVNOでは、OPPO Reno 10x Zoomを格安スマホの一種として取り扱っているので、購入において注意する点はありません。”