東京の映像と空撮部分のCGが組み合わさったムービー

by admin ~ 8月 19th, 2017

10月にも一般公開されるVRの体験。VRと聞くと専用のヘッドマウントディスプレイを装着して、ということになりますが、このイベントでは「8K映像がワイドスクリーンに直接映し出され、VR体験できる」とのこと。ここまでVRって進化しているんですね。

ヘッドマウントディスプレイを着けないと、あの浮遊感などが実感できないのでは?と思ってしまうのですが、座席が動いたり風が吹いたりと、映像以外でも体感できる工夫が凝らされていて十分に楽しめるそうです。

このVR体験は8K:VR Ride featuring “Tokyo Victory”というもので、サザンオールスターズの「東京VICTORY」という曲とともに体感するんだそうです。

1964年開催の東京オリンピック時、首都高速道路から映像は始まり、リアルな東京とCGがとても自然に組み合わされ最後は2020年の東京オリンピックで打ち上げられる花火、「VICTORY」の文字で終わるとのこと。是非、体験してみたいですね♪

Gear VR | ウェアラブル – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

新しい火の見やぐらをドローンで

by admin ~ 8月 9th, 2017

福岡、大分の豪雨災害でもそうでしたが、電話がつながらず、誰がどこに取り残されているのかもわからず、被害状況の把握の難しさを災害時には誰もが感じ、ジレンマと戦っています。このような状況を打破するために、ドローンが新しい火の見やぐらとしての機能を果たそうとしているようです。

実験を行っているのは前橋市の消防局。災害時で一般的な通信が絶たれても、独自のシステムによって通信が可能となる車を所有しているとのこと。これは国内でもこの前橋市の消防局だけなんだそうです。「高速大量データ伝送が可能な「FWA(加入者線無線アクセスシステム)」対応の通信指揮車」というものだそうで、大手キャリア、そしてNTTなどの電話が繋がらなくなっても通信が可能なので、ドローンを飛ばしてその画像を受け取ることもできるわけです。

すでにこのシステムは利用されているそうで、ドローンではなくて消防隊員のヘルメットなどにウェアラブル端末を付け、そのカメラで現場を撮影し、送信して災害救助や現場の把握などを行っているそうです。このシステムが、早く日本中に行き渡ると良いですね。。

Android Oneってなんだったっけ?

by admin ~ 7月 31st, 2017

Y!mobileブランドからAndroid One搭載スマートフォン「X1」が発売になったそうですが、このAndroid Oneって聞いた記憶はあるんだけどなんだったっけ?と思い調べてみると、Googleが展開するAndroidスマホのことだったんですね。あ、そうそう、そうでした^^

Y!mobileとしては多分高価格帯のスマホではないでしょうか。一括だと65,000円ほどになるそうです。ただ、この新機種ははじめてこのシリーズとしておサイフケータイに対応することになっていたり、スマホの防水機能、VoLTEにも対応しているとのこと。

発売のキャンペーンが展開されるそうで、9月末日までは機種変更の手数料が無料になったり、Google Playの1000円分クーポンコードがプレゼントされたりと、お得感もあるようです。

このAndroid One「X1」はシャープがつくっているそうで、人気機種になると良いな~~と^^やはり日本人ですので思ってしまいますね。

シャープ製「AQUOS EVER SH-02J」はミッドレンジモデル

by admin ~ 7月 11th, 2017

AQUOS EVER SH-02J はシャープのキャリアモデルの中でも小型ミッドレンジクラスの「AQUOS EVER」シリーズの 2 作目で、2015 年夏モデルで発売された「AQUOS EVER SH-04G」の後継モデルになります。ビジネスモデルとしては秀逸でAQUOS EVER SH-02J と同型のスマートフォンは KDDI や UQ mobile、また、SIM ロックフリーの「AQUOS SH-M04」としても販売されています。AQUOS EVER SH-02J の特徴は 5 インチ画面のコンパクトで持ちやすいところで、また、低消費電力型液晶ディスプレイ IGZO を採用しているので、比較的バッテリー持ちも良いとされています。スペック面では上位の AQUOS ZETA と大きながありますが、電話、カメラ、SNS、動画視聴など、日常生活の中で行う大抵の処理は卒なくこなせます。AQUOS EVER SH-02J の主要スペックは、Android 6.0.1 Marshmallow、5.0 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IGZO 液晶、Snapdragon 430 MSM8937 1.4GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB、Micro SD(最大 256GB)、背面に 1,310 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,700mAh バッテリーを搭載しています。USB コネクタは Micro USB です。筐体サイズは 143 x 71 x 8.3mm で、質量は 138g。カラバリは ゴールド、ホワイト、ブラック、ピンクの 4 色です。今回購入したのホワイトです。また、日本の定番機能としては、おサイフケータイ(FliCa)、IP68 レベルの防水・防塵、VoLTE に対応しています。AQUOS EVER SH-02J は NFC(Type-A / B)にも対応しているので、Android ビームを利用することも可能です。

コマーシャルにクギづけ!

by admin ~ 6月 30th, 2017

このコマーシャルが始まると、テレビの画面にクギづけになるんですよね^^何が起きてるの?と必死で内容を確認しようとしているんです、私。内容、というか画面に映っているものすべてに、なぜか興味を惹かれるんですよね。それだけ、作りが細かくできている・・。あ、何のコマーシャルかと言うと、ギャラクシーS8です。

最初は俳優の山﨑 賢人と他の友人が湖にスマホを落としてしまう。その湖にはネッシーのような巨大生物がうごめいている様子が映ったり、家に帰ればギャラクシーなら完全防水だからまだ生きているのでは?と言われ・・。最近のコマーシャルでは、弥生時代に行ってしまってるんですよね。このコマーシャルって、キャリアのものではなくてサムスン自体のものなんですかね。

最後にはギャラクシーで見る画面をVRでも楽しめるギャラクシーVRがプレゼント!と流れます。ここもまた^^おっ!と思ってしまいますよね。きっと、私のように「おっ!」と視聴者を画面にクギづけにすることが、このコマーシャルの目的なんだろうな~^^

KDDI、4.7インチサイズのシャープ製スマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV38」

by admin ~ 6月 24th, 2017

KDDIは、auブランドの2017年春モデルとなる新型Androidスマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV38」(以下、SHV38)を2017年2月発売しました。シャープ製であるSHV38は、片手に収まるサイズを追求した製品で、解像度1080×1920ドットの4.7インチ液晶パネルを採用し、公称サイズも67(W)×135(D)×8.6(H)mmとコンパクトにまとめてきたのがポイントです。プリインストールのOSは「Android 7.0」(Nougat)。Qualcomm製のミドルクラスSoC(System-on-a-Chip)である「Snapdragon 617」(MSM8952)をプロセッサとして採用しています。カメラ機能を強化していて、リア(背面)には2100万画素カメラを備え、本体側面部にはシャッターボタンを搭載しています。デジタルカメラ感覚で高画質な写真が手軽に撮影できます。フロント(前面)にも LED フラッシュを備えているため、自画撮り(セルフィー)にも優れた製品となっています。高画質デジタルカメラのプロともいえる、リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR Certified」を取得しています。「GR Certified」の高い基準をクリアするために設計されたレンズは、周辺までクリアで高精細な描画を実現しているのです。家では「声」で、外では「表示」でシーンに応じて感情豊かに話かけてくれる「エモパー」が、今までよりももっと寄り添う存在へ成長しています。入力したキーワードの関連語から、使う人にぴったりな話題を選んで話しかけてくれる。イヤホンを使えば、屋外でもエモパーが話しかけてくれるのです。
おすすめのauスマホ、あなたに合うのはどっち? | Galaxy

スマホの機能も親子で楽しむと

by admin ~ 6月 15th, 2017

スマホ機能が良くなるようになり、大人だけでなく子供までもがスマホを使うようになってきました。
スマホを使うことで動画や音楽を楽しむことができ、子供に取っては本当に面白いおもちゃみたいなものです。
今ではスマホを触ったことがないなんて子供も少ないでしょう。
そんなスマホもやっぱり子供に使用させるにはやっぱり良くない点があったりしますね。
スマホを触ってしまう事で、親子とのコミュニケーション不足となりがちです。
スマホ使用もそれを考えると減らしていく必要があります。
しかし、そんなコミュニケーション不足の心配も少しスマホの見方を変えてあげると事でちょっと解消をする事ができます。
それは、スマホを一緒に楽しむという事です。
親子で話をしながらスマホで遊んだりするのもこれもコミュニケーションになります。
なので、子供1人で見させるというのではなく、親も一緒に楽しんでみるのもいいですね。
しかし、一緒に楽しむのもいいのですがあまり長時間はおすすめできません。
やっぱり顔を合わせてしっかりと会話をする事はとっても大事な事なのでそういった時間は大切にしてあげる必要がありそうです。
スマホの使用にも注意をしてみてください。

そういうことか!

by admin ~ 6月 11th, 2017

知人がドコモのガラケーをずっと愛用していたのですが、とうとう不便さがわかり^^スマホへと機種変更しました。その機種とはXperia X Compact。ドコモの新機種としても発売されていたもので、小さくて女性でも片手持ちができるミニサイズが受けていますが、何か意味が分からないことを言うんですよね。充電の時のケーブルがそのままだと使えないから、別売りのものを買わなければいけなかったと。

普通、そのままで使えない状態でスマホなんて売らないだろうと思っていたのですが、実際そうだったようで・・。調べて見ると、Xperia X CompactとXperia XZのUSBケーブルはUSB Type-Cに変更されたと。そのため、「USB Type-C」コネクタ対応の充電器、または変換アダプタの用意が必要です。」とあるコラムで書かれていました。

今までのAndroidのケーブルって、上下が合わないと挿せなかったのですが、Type-Cに変わったことで上下気にすることなく挿し込めるようになったと。そういうことだったんですね~^^

auのおすすめスマホ「rafre KYV40」の魅力

by admin ~ 5月 25th, 2017

スマートフォンはパソコン用のサイトが見れますし、YouTubeなどの動画サイトも見れますので、いつでもどこでも色々なことで楽しむことができる便利アイテムでもあります。
そうした便利なスマートフォンの中でも特に注目されているのがauのおすすめスマホ「rafre KYV40」です。
このauのおすすめスマホはシンプルで女性が好きそうなカラーが用意されています。
そのカラーバリエーションはペールピンク、クリアホワイト、ライトブルーです。
また、このauのおすすめスマホの最大の特徴は泡で綺麗に洗えることでしょう。
ディスプレイなどに指紋や汚れが付くことがありますが、その汚れを泡ハンドソープや泡ボディソープで綺麗に洗うことができるのです。
手洗いの時やお風呂の時についでに洗うことができるので、いつでもピカピカの状態で使用できるから気持ち良いですよね。
それに、温水防水機能も搭載されていますので、お風呂にゆっくり浸かりながら友達とチャットしたりネットや動画なども見て楽しむことができます。
さらに画面や手が濡れていてもタッチ操作ができますので便利ですね。
このようなauのおすすめスマホには様々な便利機能がたくさんありますので、色々なシーンで活躍するスマートフォンだと思います。

ドコモスマホは中古でも人気です!

by admin ~ 5月 3rd, 2017

スマホも今では中古がとっても人気になってきています。
端末の料金が高くなっている今、中古を使用して価格を抑えていこうと考えている方も多いんだと思います。
中古のスマホもどんなものが人気なのかを見てみました。
フリーマーケットサイト「ムスビー」で一番中古スマホで人気なのがauのiPhone 6Sが1位だったようです。
そして次の人気なのがドコモのスマホiPhone 7が登場してきているようです。
もうすでにiPhone 7が中古で人気になっているなんてすごいですね。
この間出たような気がしたのですが、、、、
これからも中古スマホも注目していかなくてはいけませんね。
中古スマホも普通に使用ができるようなものとなっていますから、金額を抑えれるならと使用したくなります。
最近は年齢も小さい子でもスマホを持つようになっています。
そういう年齢が低い子の場合中古でも十分なのかなと思ったりしますね。
やっぱり中古スマホでもiPhoneはかなり人気になっているようです。
上位で見るのやっぱりiPhoneばかりだなといった印象がありますね。
中古のスマホの価格を見ているのですが思っていたよりも価格が少し高めなのにびっくりしました。
iPhoneだったりすれば仕方がないのかもしれませんね。